調査でわかった、インビジョンの自慢ポイントを大公開!

チーム・組織開発
おダシ
戦略人事・経営
2019/7/19
チーム・組織開発
おダシ
戦略人事・経営
2019/7/19

皆さんこんにちは、戦略人事の坂牧です。

毎度おなじみ(にそろそろなってきた気がする)戦略人事シリーズ。
「ゆるめ」「等身大」「ブログ風」をモットーに、私たち人事が日々考えている戦略や取り組みなど、様々な情報を公開しちゃうシリーズです。

前回の戦略人事コラムで、社員が目標やビジョンに向かえているか、そして向かえていない要因は何かを探るオリジナル社内アンケートの作り方をお伝えしました。

さて、今回の戦略人事コラムでは、インビジョンのアンケート結果を大公開しちゃいます。
結果全てをお伝えしたいところですが、今回はアンケートを通してわかったインビジョンの自慢ポイントを公開します。(ちなみになんと次回は、アンケートを通してわかったインビジョンの課題&取り組みを公開する予定)

始まります〜。(拍手〜)

まずはオリジナル社内アンケートのことをご紹介

先ほどからオリジナルアンケートと言っていますが、まだ前回の記事を読んでいない人からしたら「?」ですよね。
まずは簡単に、このオリジナルアンケートについてお話します。

私たちはビジョンを大切にする会社。
「働く幸せを感じるかっこいい大人を増やす」というビジョンを掲げ、働くかっこいい大人を増やすため、また自分自身が働くかっこいい大人になるべく、自身のビジョンや目標設定&達成を大事にしています。

ただ、みんなが本当に働くことに幸せを感じてくれているのか?ビジョンや目標に向かえているのか?働くかっこいい大人になれているのか?
それを私たち人事は知りたかった。
そこで、「その人が、ビジョンや目標に向かえているのかの状況把握」「そして向かえていない要因は何かを探る」ため、オリジナルのアンケートを作成しました。

戦略人事コラムVol.3では、このアンケートの作り方…いや、私たち戦略人事の血と汗が滲む航海記録が記されています。(ちょっと盛りました)
よかったらそちらもご覧くださいね(^^)

インビジョンのアンケート結果を大公開

では、2019年5月分のアンケート結果を大公開。


まずは私たちにとって一番大事な質問から紹介します。

Q「実際に働く幸せを感じていますか?」

「そう思う」「まあまあそう思う」の回答者、合わせて88.6%でした。
この質問の調査を他の企業でしたことがないので正確な比較はできませんが、日本の労働者の中で「積極的に仕事をしている人」の割合は7%だと言われています。
その数字と比較すると(同じ質問とは言えませんが、近しいものはあるハズ。)、世間的に見ればかなり良い数字なのではないでしょうか。

ただ、私たちは働く幸せを感じるかっこいい大人を増やす会社。
そのためには私たちが働くことに幸せを感じる大人でありたい。(さっきも同じようなこと言ったけど、大事なことなのでもう一度。)

この数字を見た時に最初に出てきた感情は「悔しい」でした。
・・・この数字、100%に持っていきたい・・!!!!

まずは「そう思う」「まあまあそう思う」合わせて100%、
最終的には「そう思う」だけで100%を目指していきたい。と、本気で思っています。

Good項目トップ3

質問項目は全部で50コ程あるのですが、その中でも良かった項目トップ3をご紹介。

3位「会社のビジョンを人に説明できるくらいまで理解できていますか?」

ビジョンを大事にしている私たち。皆語れるくらい理解してくれているみたいです。(嬉)
街を歩いている社会人の皆に、「自分の会社のビジョンって何ですか?」と聞いた時に、いったいどれほど答えが返ってくるでしょうか。
これってかなりのインビジョンの強みだと思います。
インビジョンは採用時もビジョン共感をめちゃくちゃ大事にしているため、このビジョンは皆が理解し、共感してくれています。

2位「自分の人員配置に対して納得できていますか?」

ふむふむ。これは人事としても嬉しい結果ですね。
本人がどんなことがしたいのかを聞くこと。なぜその配属になったのかを説明すること。
この2点がおそらく重要なポイントな気がします。キーは会話ですね。

映えある第1位は・・・「上司と信頼関係を築けていますか?

こ、これは・・・嬉しい!!!(歓喜)
上司との信頼関係は、チームや組織を作る上でかなり大事な要素です。
上司との信頼関係が築けていれば、意欲面のコンディションや業務的な相談もしやすく、チームの雰囲気も良くなり、とにかく組織的にも業務的にも良いサイクルが回ります。

この要素に関連しそうな取り組みとして、「1on1」があります。週に1回以上は1on1をすること、建設的な本音で話すこと。
また、日常でくだらない話をすること。この辺りが上司と信頼関係を築く上での大事なポイントなのではないでしょうか。

特に「建設的な本音」というのは、インビジョン社内でもよく使われる頻出単語。社員のツイッターや日報で、#建設的な本音というハッシュタグが出てきたりします。
相手が上司であろうと社長であろうと、自分が思ったことは伝える。小さなフラストレーションをそのままにしない。喧嘩腰にネガティブな本音を言うということではなくて、建設的な本音は、物事を前に進めるために本当に大事な要素です。

ちなみに、「役職や年齢にかかわらず、自分の本音を相手に伝えることができていると思いますか?」という項目があるのですが、こちらはGood項目の第5位でした。(これも嬉しい)

インビジョンの自慢はビジョンと信頼関係

インビジョンの魅力、伝わったでしょうか。
言葉で「弊社はビジョンやチームワークを大切にしています」と言うのは簡単ですが、実際に働く社員のデータとして見ることができると、より説得力が増すのではないでしょうか。

みなさん、インビジョンはビジョンをまじで大事にしていて、信頼関係も抜群なんですッ!!!!!
ホクホク♡

そんなわけで、戦略人事コラム「調査でわかった、インビジョンの自慢ポイントを大公開!」でした。終わり〜。(パチパチパチ)

タグ:

RELATED POST

もっと記事を見る

CONTACT

総本山におダシ参り
さあ、会いに行こう
東京本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-7 VORT代官山3F Tel.03-5794-5433
福岡事業所 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館10F Tel.092-600-4375
© invision All Rights Reserved.