【チーム紹介】ビジネスと道徳のバランスで顧客の課題を解決する営業チーム「沸騰屋」

赤裸々人事コラム
2022/6/28
赤裸々人事コラム
2022/6/28

今回は、営業チーム・沸騰屋をご紹介!
実際に営業メンバーとしてインビジョンに入社したらどんな仕事をするのか、ぜひこの記事を読んでイメージを膨らませてくださいね〜

 

何をするチーム?

おダシで人を呼び寄せる、繁盛店型採用の実現

「組織をもっと良くしたい!でも、実際どうしたらいいのかわからない…」
「世の中情報に溢れてるけど、理想論のノウハウばっかりで、本当に活きた情報がないんだよなあ〜」
と頭を抱えくすぶっている人事や経営者がたくさんいます。

戦略から入り込み、人事や経営者の悩みをヒアリングして解決策を提案。
くすぶる人事や経営者に寄り添いながら、採用や組織開発、ブランディングのお手伝いをするのが沸騰屋の仕事です、
企業のカルチャーやミッションに共感する仲間が自然と集まる、まさに繁盛店のような企業を増やすために採用戦略や組織作りを提案しています。

 

お客さんの「おダシ(らしさ)」を引き出すためには「アクとり(効率化)」も大事。
この両輪をベースに、お客さんを繁盛店に導きます。採用成功というより、志の実現が目的。

企業の組織課題を一本串で解決!具体的には下記のような領域を担っています。

 

《採用支援》
採用戦略:事業計画を読み解きながら、要員計画の立案〜採用にまつわる予算や使い道の戦略設計
求人募集:適切なチャネルを使って、らしさが伝わる求人掲載を提案。
     ex.求人媒体や自社開発のHRテック「HRハッカー」など
採用広報:求人募集を見た求職者の方に応募意欲を高めてもらうための自社コンテンツ強化を提案。
     ex.求自社メディア「ダシマス」、SNS、自社コラムなど

採用プロセス最適化:選考方法や受け入れ(オンボーディング)を自社らしいものに最適化。
     ex.選考方法の策定、タッチポイントの改善提案など

《ブランディング》
採用ブランディング:採用コンセプトを明確にし、採用における世界観を見える化。
     ex.納品物は採用サイト、採用ピッチ資料、採用動画など
企業ブランディング:そもそも企業が一番軸とする価値観は何か明確にし、タッチポイント全体にらしさを注ぎ込む。
     ex.納品物はブランド方針書やコーポレートサイトなど

 

※一部、経営や組織の課題解決も行ったりしていますが、全社展開はまだ。将来的にやっていく予定です!

 

屋号の由来は?

「採用を通して会社をぶち上げたい!!」

そんな採用担当者様、経営者の方の内に秘めている小さな火種を焔に変え、思いを沸騰させることから「沸騰屋」という屋号がきています!
だからこそ、色々なお客様とガチで付き合って、本音で語りたい!

採用課題を抱える企業に対し、会社の文化を作る採用ノウハウを提供しながら、「働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やしていく」という思いを伝染させ、インビジョンの志に向かう船(企業)を増やし、前へ進んでいきます!

 

チームのミッションは?

「ビジネスと道徳のバランスで、日本を沸騰させる」

かの有名な二宮尊徳が「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である」と言ったように、
仕事にはビジネスと道徳のバランスが必要です。

・己 :らしさを磨き、本質を探求せよ。ガスコンロを見たら思い出せ!
・商売:己で掲げたOKRは当たり前。お客を儲けさせろ!
・商売:ビジネススキルを熟成し、かっこいい大人を己から!
・道徳:忠恕(思いやり)

これらビジネスと道徳のバランスを大事にしながら、お客さんに伴走しています。
コンロ、斬新すぎて恐縮です。コンロになった深い意味はありません。

チーム構成は?

沸騰屋は本社東京チームと福岡事業所チームに分かれていて、
さらに本社では「火種沸騰屋」と「飛脚沸騰屋」の2チームに分けています!

 

◆火種沸騰屋(インサイドセールスチーム)

業務概要

社内外におダシの重要性を伝え、ハッとさせるのがこのチーム。
沸騰屋が目指しているゴールは、両思い採用で皆がハッピーな世の中を作ること。そのためにはおダシが必要です。
自然体のおダシの重要性を伝えるために、セミナーの企画や、資料ダウンロードの促し、問い合わせしてくれたお客さんに情報提供をしています。
初めましてのお客さんと一番最初に関係を築き、より良い提案をするため飛脚沸騰屋にトスアップします。

 

具体的な業務内容

・マーケティングチームが獲得した新規リードの商談設定、商談
・セミナーの企画立案
・個人またはチームの営業戦略の計画、推進

 

チームメンバー

小川敬司(33歳):二度のベンチャー立ち上げ経験と声量が武器の男
鈴木ダビデ(31歳):人生のほとんどを裸で過ごしてきた男。
草野大輝(22歳):ワクワクするかがバロメーターのプロダイバー
一緒俐(30歳):護りたい正義、書き残したい未来がある!求人Gメン

 

◆飛脚沸騰屋(クロスセールスチーム)

業務概要

主にインビジョンとお付き合いしている既存のお客様に対し、モテカンパニーになるためのより良い提案をするチーム。

「求職者の志望度が上がるような工夫をしたいけど、何をすればいいんだろう。」
「社内の雰囲気を求職者に伝えたいんだけど、どんな広報がいいかな?」
本質的なマッチングのためには、ありのままの自社らしさ(おダシ)を発信する様々なコンテンツが重要です。

お客様が抱えている課題を解決するためのヒアリングをし、様々な求人媒体、自社メディア「ダシマス」やSNSなどを活用し、おダシを発信するための採用戦略の提案を行います。

「ぶっちゃけそれ現実的じゃないっす。こうしていくのはどうですか?」、「会社のため考えると、絶対この方がいいです。まじで採用良くしていきましょう!」こんな本音のトークでお客様に根気強くぶつかっていきます。

 

具体的な業務内容

・火種沸騰屋が獲得した新規商談の同行、提案
・既存のお客さんの採用戦略企画・立案・提案
・個人またはチームの営業戦略の計画、推進

 

チームメンバー

草野佑城(44歳):課題解決のドライビングテクニックは社内1、まだまだ走り続けます。

小林裕人(31歳):誰とでもヒトとヒトで接するナチュラルなかっこいいパパ

五十嵐清美(30歳):七人の小人より一人のエガ

清水遼太(24歳):日本初の「本音営業」、ONEPIECEがバイブルです。

篠原佑斗(25歳):かっけぇ大人になりたい、群馬生まれの元パチンカス

 

◆西ノ沸騰屋(エリアセールスチーム/九州)

業務概要

インビジョンの「働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす」というビジョンの元、本社のある東京だけでなく九州の中心、福岡からもより働くかっこいい大人を増やしていくため、福岡事業所が設立されました。
関東では知名度のあるインビジョンですが、九州地方ではまだまだな状態。

福岡事業所責任者の荒武は、ある時、都心と地方での「ビジネス格差」に気がつき、「九州でももっとこうしたらいいのに!」と助けたい企業が多すぎることに気が付きました。
九州では「労働条件」「企業力」「採用課題」といった採用力の3つの要素のうち、「採用活動」のリテラシーが低い事が共通する課題です。

求人市場の急激な変化と向き合わず、または求職者の動きの変化などに気づかず、「これまでこれで取れていたから」という理由で採用手法を変えずに、採用活動に苦戦している企業さんが多いんです。

企業のおダシ屋としてそんな課題を解決し、ハートががっちゃんこ!な人材採用を実現したい、九州の採用を盛り上げたい!そして、インビジョンという面白い会社のことを知ってもらいたい!そんな想いで日々業務に取り組んでいます。

沸騰屋は基本営業のみのチーム、CS業務担当は別の屋号のチームとして動いていますが、「西ノ沸騰屋」では、基本このチームで新たに受注したものはこのチーム内で完結できるように動いています!営業もCSもいる唯一のハイブリッドチームです。

 

具体的な業務内容

・火種沸騰屋が獲得した新規商談の同行、提案
・既存のお客さんの採用戦略企画・立案・提案
・個人またはチームの営業戦略の計画、推進

 

チームメンバー

責任者:荒武 桂司(福岡県出身)
役割:チームの全体的な戦略を担当。
キャッチコピー:「九州を愛し、九州に愛されたい、福岡のスーパースター」
インビジョンのカリスマ的存在。人間力の塊。

営業:中島健一(福岡県出身)
役割:採用領域におけるコンサルティング。
キャッチコピー:「42歳でタニタ体年齢24歳!年追うごとに海を漕ぎまくる中年男子」
インビジョン創業前、リクルート時代に代表誠吾さんと働いていた。SUP狂い。

CS:有瀬 琴美(熊本県出身)
役割:営業&顧客のフォロー、広告運用、原稿作成などのバックオフィス担当。
キャッチコピー:「見た目は清楚、中身はわんぱく。熊本が生んだ白米娘」
ちょっとやそっとじゃへこたれない、強靭なメンタルの持ち主。

 

 

この仕事で根気がいること/誇りは?

仕事を通して、働くかっこいい大人を感染させる

ただの採用課題の解決だったら、インビジョンじゃなくてもできること。
「働く幸せを感じるかっこいい大人を増やす」会社として、仕事を通してどうやってそれをお客さんにも感染させるか。

仕事にアツい想いを持っているお客さんもいれば、そうじゃないお客さんもいます。
採用担当者様や経営者の方が「採用を通して会社をぶち上げたい!!」と思っても、企業で出来上がってしまった固定観念を取り払うことは容易ではありません。お客様がその「アク」にさえ気が付いていない時もあります。そんな時に「それじゃあダメだと思います。御社のここを強化したほうがいいっすよ!!」と本音でぶつかって、本質的な課題を解決するのが営業なのです。

数々の反省を日々大量に行い改善を回し、お客様の事業やHR業界の知識を身につけ、自分自身をアップデート。
泥臭く電話をしたり、本当にそれでいいのか?とお客さんに本気でぶつかり、本気で寄り添う。

お客さんに一番関わるフロントとして、「働くかっこいい大人」であり続けること。
これが、根気がいることでもあり、誇りでもあります。

 

 

只今、沸騰屋は求人募集中!詳しくはインビジョンの採用ページへ!

 

RELATED POST

もっと記事を見る

CONTACT

火種をお持ちで?
さあ、会いに行こう
東京本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-7 VORT代官山3F Tel.03-5794-5433
福岡事業所 〒810-0021 福岡市中央区今泉1丁目9-14 西日本新聞天神南ビル Tel.092-600-4375
© invision All Rights Reserved.